共働き夫婦の子育てで「大変だ…」と痛感する時、ベスト3!

伊藤家の家族構成としては、僕、妻、長女、次女の四人家族です(今年の年末に三女が誕生予定)。

両親と同居せず、僕と妻は二人とも働きに出ているので、典型的な『共働きの核家族』ってことになります。

僕の会社の同僚や、保育園のママ友パパ友なんかと話していると、僕らと同じような『共働きの核家族』の家庭が圧倒的に多いんですよね。

ということで、そんな現代社会を象徴するような『共働きの核家族』について、個人的に感じる大変さをまとめてみました。

タイトルで「ベスト3!」とか書きましたが、よくよく考えれば「ベスト」っていうより「ワースト」の方がしっくりくるかも、、、まぁいいか。

あと、何となく収まりがいいので「3つ」に絞りましたが、細かく挙げだしたら多分「108つ」くらいはありそう…笑

と、前置きはさておき、まずは第3位から。

第3位…子供が病気になったとき

多分、これは共働き核家族経験者だったら、誰もがぶち当たる問題だと思います。

当然ですが、平日昼間は保育園に子供達を預けているのですが、子供ってよく風邪引いて熱出すんですよね。

熱が出た時点で保育園には預けれない、、、。

37度くらいなら、子供も全然元気そうなので、「シレっと預けちゃうか、、、」って思う瞬間もあるのですが、流石にそれは、、、ねぇ。

ということで、保育園を休ませることになるのですが、

両親と同居とかだったらジジババに見てもらえばいいのですが、ここが核家族のツラいところで、それも叶いません。

なので、「核家族+共働き」だと当然どちらかが仕事を休まなければいけないんですよね。

たまたまどちらかが休める状態だったらいいのですが、どっちも忙しい時期だと、これまた夫婦間でもめたりします

ということで、これが3位。

第2位…妻が病気になったとき

これも大変。

基本的に、今子供達を保育園に送り迎えしているのが妻なので、そこが機能しなくなると、必然的に僕にその役割が乗っかってきます。

これもジジババがいればお願いしたいところですが、これまた核家族のツラいところ。。

特に朝なんて、自分の支度と子供達の支度でバタバタして、朝からイライラもマックスになってしまったりします。

お迎えも、6時までに行かないといけないっていう「時間の制約」もあるため、なんとか仕事をそれまでに片付けて慌てて迎えに行ったりすることになります。

夜は夜で、普段妻が晩ご飯の準備をしてくれているので、それも大変だったり、、、。

とにかく、核家族+共働きで妻が倒れると完全に色々と機能しなくなるのでホントに大変です。こんな時に、妻のありがたみが身にしみるんですよね~。

ということで、これが第2位。

第1位…僕(夫)が病気になったとき

実はこれが一番大変だったりします。

普段は「ちょっと咳が出る」とか「37度くらいの熱がある」とかっていうのは個人的には病気のうちに入れていないのですが、2、3年に一回くらいのペースで『ウイルス性の何か』に犯されて、完全に立ち上がれなくなることがあります。

熱も40度近くまで出ているため、流石に会社にも行けませんし、家事も出来ない状態になります。

基本的に伊藤家の家事は、食事以外は全て僕がやっています。

洗濯、食器洗い、風呂掃除、ゴミ出し、、、などなど。なので、僕がダウンするとそれらの家事が完全にストップしてしまいます。

当然、最低限妻がやろうとはするのですが、何しろ仕事で疲れた状態で、子供達の面倒も見ないと行けない状況のなか、全ての家事をやらせるのは難しかったりします。

これまたジジババがいてくれれば、、、と思ったりもするのですが、いないものはしょうがない。

ってことで、何とか家族全員で協力しながら乗り切るのですが、一応家長の僕が倒れてる状態なので、中々士気も上がらないんですよね。表向きは心配してくれているんですが、みんなから「早く治して家事やれや…」っていう雰囲気がビシバシ発せられます。

なので、やっぱり自分が病気になる時っていうのが、「共働き核家族」では一番大変なことかなぁ、と思っています。

なんだかんだで、結局3つとも「誰かが病気になるとき」っていうことになりましたが、やっぱり共働きに限らず、家族の誰かが病気の時っていうのは大変ですよね。

そんなときに、ジジババはいないにしても、周りで助け合える友達だったりご近所さんがいればいいですよね。

ということで、何かの参考になれば!

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です